10/11 森のうんどう会

 コロナの影響で、とても縮小された運動会が3年続いたけど、今年から例年通りの内容で、おじいちゃんやおばあちゃん方にも見ていただけた『森のうんどう会』でした。全園でのリズムあそびに始まって、かけっこや障害物、親子競技。祖父母、新入園児、卒園生のかけっこ、保護者職員対抗リレーなどもあって盛りだくさんの内容でした。
 夏祭り同様、進行に夢中になって写真撮影をすっかり抜かしてしまったので、ちょっとお借りしたもので掲載します。ほんの数枚だけど、こども達が生き生きと運動会に臨んだことが、表情から読み取れると思います。
 次回は写真撮影をがんばるぞ!

2歳児
あんず馬

あんず


4歳児
ぽぷら

3歳児
かえで

かえでB

5歳児
こなら

こならA

<閉会>みんなで新しくできた山の上
閉会

めちゃくちゃきれいな秋晴れの空の下、こども達の絵が描かれた万国旗も映えて、思いっきり万歳して終了となりました。

*保護者の感想から
1. 天候に恵まれ最高の運動会でした。年長さんリレーでは、力が拮抗するチーム分けがなされており、最後まで大変見ごたえがあり、また何よりも一生懸命走る姿に感動しました。
 改装された園庭が素敵な反面、競技や観客数による混雑など、どんな風になるんだろうと想像つきませんでしたが、プログラム、時間、環境すべてが整然としており、おかげ様でこども達の活躍を見ることに集中できた素晴らしい運動会でした。

2.強風の中での今年の運動会、とても楽しく見させていただきました。年長さんの荒馬はやはり毎年感動で、見よう見まねで踊っている年少の娘も年長さんに憧れているんだと。
 今年の運動会で感じたことは「大人でも子どもでも、本気で取り組む姿は本当にカッコいい」ということ。入園後初めての保護者リレーを見て、毎回、園イベントで感動するのはこども達が自ら「本気で取り組む」からなのだと気づかされました。本気な大人もカッコいい!








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント